[1988年 (昭和63年)]全日本実業団対抗駅伝大会がこの年から元旦の開催となり、「ニューイヤー駅伝」の呼称が用いられるようになる。開催地も群馬県に変更されるとともに、TBS制作・全国ネットによる同大会の生中継も開始される。

全日本実業団対抗駅伝大会がこの年から元旦の開催となり、「ニューイヤー駅伝」の呼称が用いられるようになる。開催地も群馬県に変更されるとともに、TBS制作・全国ネットによる同大会の生中継も開始される。